Top >  マリッジリングの基礎知識 >  マリッジリングの意味

マリッジリングの意味

マリッジリング(結婚指輪)の交換をするシーンを、実際の結婚式でも、テレビのドラマなどでもよく目にします。日本の結婚式でもすっかりおなじみの場面なのですが、これは日本で始まったしきたりではなく、元はといえばキリスト教でのしきたりなのです。

ring4.jpg

マリッジリングの交換は、紀元前のヨーロッパで始まりました。現代の日本でもこの習慣はすっかり浸透して、神前式や仏前式の結婚式でマリッジリングの交換を行っても、なんら違和感がありませんし、もはや当然のことにさえなっています。ところが、日本のマリッジリングの歴史は意外と浅く、昭和40年代から行われるようになったのだそうです。

ご存知のように、マリッジリングは左手の薬指にはめます。なぜ右手ではないのかと、だれしも不思議に思ったことがあるのではないかと思います。

左手の薬指にマリッジリングをするのには、当然のことながら、きちんとした意味があってのことです。左手の薬指は心臓に近い特別な指と考えられているからなのです。

心臓に一番近い指というのが本来の意味なのですが、その他にも、左手の薬指は両手の指の中で一番動きが少なく、指輪を落としにくいという意外なメリットもあります。

また、マリッジリングをお互いに交換するのは、新郎新婦ともに「終わりのない永遠の愛」を誓うという意味や堅実な結婚生活を送るという意味も持っています。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



マリッジリングの基礎知識

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、マリッジリングの基礎知識です。

関連エントリー

マリッジリングの意味 マリッジリングを選ぶ マリッジリングの注文方法 マリッジリングの費用負担は?