Top >  海外ウエディングの基礎知識 >  海外ウエディングの基本スタイル

海外ウエディングの基本スタイル

海外ウエディングの基本的なスタイルには、以下の3通りの方法があります。

・ブレッシングスタイル
キリスト教のウエディングスタイルですが、キリスト教徒ではないカップルのために行われる挙式で、海外挙式で最も一般的なスタイルです。法的な効力はなく、あくまで結婚の記念として行うウエディングスタイルです。

・リーガルウエディング
挙式を行う現地の民法に則り行うため、現地の役所にも婚姻の記録が台帳に保管され、法的効力を持ちます。日本の戸籍には、「○○国方式により婚姻」と記録されます。例えば、ハワイでリーガルウエディング行ったとすれば、「アメリカ合衆国ハワイ州の方式で婚姻」と記録されることになります。

・現地式
現地の風習に則って行われる挙式です。現地のスタイルでのウエディングですので、様々なスタイルがあります。民族衣裳を着ての挙式などは貴重な体験です。

virgin1.jpg

キリスト教の国でブレッシングスタイルのウエディングを行うにあたって注意すべきは、婚姻届を先に日本で提出しておくことです。

ブレッシングスタイルの挙式では、すでに結婚をしたカップルを祝福する儀式ですから、婚姻届受理証明書の提出を要求される場合があります。旅行代理店などで挙式パックを購入するのであれば、必要不必要の問題はまず心得ているはずですから任せておけますが、自分で段取りをして海外挙式を行う時には充分注意しておくべきです。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



海外ウエディングの基礎知識

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、海外ウエディングの基礎知識編です。

関連エントリー

海外ウエディングの基本スタイル ハワイでの挙式 グアム・サイパンでの挙式 オーストラリアでの挙式 アメリカでの挙式 ヨーロッパでの挙式 海外ウエディングの費用負担 海外ウエディングの列席を断られたら 海外ウエディングでの服装 教会での写真撮影 チップを渡すべきか