Top >  海外ウエディングの基礎知識 >  海外ウエディングの費用負担

海外ウエディングの費用負担

海外ウエディングを行う場合に渡航費などの費用の負担はどうなるのでしょう?

mil53033-s.jpg

ケースバイケースではあるのですが、一般的に両親の費用は新郎新婦が負担する事になります。その他の親戚などは申し訳ないですが、自己負担していただく事になります。ですから、挙式への列席を断られたとしても、決して無理強いはしてはなりません。

ただ、海外にまで挙式に招待された(渡航費用は持ってもらえる)と勘違いされる方がなかにはいらっしゃるようです。海外挙式の渡航費用は国によっても大きく違うとはいえ、日本国内と比べると大きいですから、勘違いされてしまうとトラブルになってしまう可能性があります。

結婚式への列席をお願いする立場で費用を負担してくださいというのは心苦しい面があるとは思いますが、お互い気持ちよく事を運ぶためには、結婚式へ招待する側から最初にきちんと説明しておくべき点ですし、絶対に必要なことです。

それから海外ウエディングを行う現地でパーティーを行うことが多いのですが、パーティーの費用は新郎新婦が負担するのが一般的です。パーティーではご祝儀も通常いただきません。このことも事前にお伝えしておいた方が、列席者の方に気を遣わせなくてよいと思います。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



海外ウエディングの基礎知識

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、海外ウエディングの基礎知識編です。

関連エントリー

海外ウエディングの基本スタイル ハワイでの挙式 グアム・サイパンでの挙式 オーストラリアでの挙式 アメリカでの挙式 ヨーロッパでの挙式 海外ウエディングの費用負担 海外ウエディングの列席を断られたら 海外ウエディングでの服装 教会での写真撮影 チップを渡すべきか