Top >  海外ウエディングの基礎知識 >  海外ウエディングの列席を断られたら

海外ウエディングの列席を断られたら

海外でのウエディングに出席を断られたら、たとえ親しくしている友人であっても無理強いしないようにしましょう。

gum02_ph07023-s.jpg

日本国内での挙式と比べると、海外で行う挙式は時間的に多くの時間を必要とします。時間というよりは日数単位ですね。日帰りで行える海外挙式は当然ありません。スケジュールの都合もありますから、なるべく多くの方に列席してもらうためには、早く計画を立ててなるべく早く招待の意思を伝えることも必要です。

海外までの渡航費用は、基本的に両親以外には負担してもらうことになります。ですので、出席する立場になって考えると分かると思いますが、自ら進んでの海外旅行をする出費ではありませんから、金銭的には大きな負担になってしまいます。

新郎新婦からすれば、なるべく多くの方に祝ってもらいたい気持ちは分かりますが、いやいやながら列席してもらっても、お互いがいやな思いをするかもしれません。どちらもそうなる事は望んでいる事ではないはずです。結婚式は本心から祝ってもらいたいものですし、列席者も同様の気持ちのはずです。また、本来そうあるべきものです。

親類には多少は無理をいったとしても、特に友人となれば出席してもらいたいという気持ちだけを伝えるようにします。無理にお願いすることは絶対に避けるようにしましょう。友人達のためには、パーティー形式の披露宴1.5次会を、海外ウエディングから帰国後に行う計画をするという方法もあります。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



海外ウエディングの基礎知識

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、海外ウエディングの基礎知識編です。

関連エントリー

海外ウエディングの基本スタイル ハワイでの挙式 グアム・サイパンでの挙式 オーストラリアでの挙式 アメリカでの挙式 ヨーロッパでの挙式 海外ウエディングの費用負担 海外ウエディングの列席を断られたら 海外ウエディングでの服装 教会での写真撮影 チップを渡すべきか