Top >  海外ウエディングの基礎知識 >  海外ウエディングでの服装

海外ウエディングでの服装

海外で挙式を行う時の服装は、事前に両家できちんと統一しておく必要があります。正装も統一が必要ですけれど、海外での気温差も考えて正装以外の服装も、現地の気候にあったものを用意しておかなければいけません。

hawaii.jpg

日本で行う挙式では考えられませんが、特にリゾート地でウエディングを行う場合、ひとりだけアロハシャツで出席なんて事にならないようにしましょう。

多くの場合はそういった失敗でも時間的に余裕があれば現地で正装を調達するなどの対処が出来て、笑い話で済ますことが出来るとは思います。

しかし、ほとんどの出席者が慣れない外国での挙式なのですから、新郎新婦も親戚の方も、下手をすれば教会で恥をかいたなんて事になりかねません。

服装以外で他に海外挙式の注意点としては、パスポートの確認や両家のホテルでの客室の配置(新郎側または新婦側の片側だけホテルの部屋がよいなどではダメです。あくまでも平等に)、教会での写真撮影(フラッシュは使えないなど)のマナーなど、たくさんの注意点や事前に確認しておくことがあります。旅行会社の挙式プランを使う時には、しつこいくらいに担当者に聞いておくとよいでしょう。

旅行会社の担当者に聞いたことも、新郎新婦だけが理解しているだけでは当然ダメですから、伝えるべきことは出席していただく方々に確実に伝えておくようにしましょう。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



海外ウエディングの基礎知識

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、海外ウエディングの基礎知識編です。

関連エントリー

海外ウエディングの基本スタイル ハワイでの挙式 グアム・サイパンでの挙式 オーストラリアでの挙式 アメリカでの挙式 ヨーロッパでの挙式 海外ウエディングの費用負担 海外ウエディングの列席を断られたら 海外ウエディングでの服装 教会での写真撮影 チップを渡すべきか