Top >  海外ウエディングの基礎知識 >  教会での写真撮影

教会での写真撮影

ウエディングといえば写真は絶対に付き物ですが、教会によっては写真撮影は全く許可されていない、あるいは撮影を許可されていてもある部分だけは撮影出来ない、また、フラッシュの使用を禁止しているところがあります。

camera.jpg

オプションでビデオや写真の撮影を選択出来るはずですから、自分たちで写真やビデオの撮影はせずに、海外挙式ではプロに任せた方が安心かもしれません。

写真撮影をしたい場合、せっかくのウエディングでいやな思いをしないよう、写真撮影は出来るのか、撮影出来ても注意事項はないのかなど、旅行会社などへ事前に確認をしておくようにしましょう。

もし禁止されているようであれば、新郎新婦だけで納得して話を終わらせず、きちんと出席予定者全員に伝えておくことが大切です。現地の外国語でいきなり注意されても、何の事かさっぱり理解できないかもしれません。びっくりもするでしょうし、口には出さなくても大抵は気分を害してしまいます。一生に一度の大切な結婚式ですから、とどこおりなく終わらせたいものです。

せっかく海外ウエディングもトラブルが起こればいやな思い出になってしまいますし、出席する側も一生のうちにそう何度も海外ウエディングへの出席は経験しないと思います。新郎新婦側として、出席者の方々へ出来る限りの心配りをし、よりよい思い出を残してもらうようにしましょう。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



海外ウエディングの基礎知識

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、海外ウエディングの基礎知識編です。

関連エントリー

海外ウエディングの基本スタイル ハワイでの挙式 グアム・サイパンでの挙式 オーストラリアでの挙式 アメリカでの挙式 ヨーロッパでの挙式 海外ウエディングの費用負担 海外ウエディングの列席を断られたら 海外ウエディングでの服装 教会での写真撮影 チップを渡すべきか