Top >  海外ウエディングの基礎知識 >  チップを渡すべきか

チップを渡すべきか

海外ウエディングを行う場合、日本では習慣のないチップに困惑することもあるでしょう。

money.jpg

ウエディングにパッケージングされたもの、例えば教会などでは神父さんやスタッフへチップを渡す必要は基本的にありません。パックの費用の中に通常チップの分の費用も含まれています。

とはいっても、チップを渡すのは感謝の気持ちですから、特別な配慮をしてもらったなどの時には、どうしても渡したくなると思います。もしチップを渡す場合、日本円に換算して1000~3000円ほどの金額を渡すようにしましょう。

海外で使うのは当然日本円ではなく現地の通貨ですから、金銭感覚が麻痺してしまいます。それに、海外という事で、多少は気が大きくなってしまって使いすぎるといった面もあるかと思いますので、注意しておきましょう。

かくいう筆者も初めてロンドンへ旅行した時にチップをはずみすぎて、ロンドンタクシーの運転手から「え~こんなにチップ貰っていいの」というようなことをいわれたことがあります。その時はそのまま渡してしまいましたが、後で「あんなにチップを渡す必要はなかったね」と考えてしまうものです。別にけちだからいってるわけではありませんよ(笑)必要があるのかないのかという話です。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



海外ウエディングの基礎知識

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、海外ウエディングの基礎知識編です。

関連エントリー

海外ウエディングの基本スタイル ハワイでの挙式 グアム・サイパンでの挙式 オーストラリアでの挙式 アメリカでの挙式 ヨーロッパでの挙式 海外ウエディングの費用負担 海外ウエディングの列席を断られたら 海外ウエディングでの服装 教会での写真撮影 チップを渡すべきか