Top >  結納 >  結納の場所は?

結納の場所は?

結納は、仲人が両家を行き来するのが本来の形式であり正式な結納なのですが、現在行われる結納は略式の結納である、両家が一堂に会して行う「集合型」のスタイルが主流となっています。

略式の結納には、仲人夫妻の負担が軽くなるというメリットと、両家の顔合わせも兼ねることが出来るというメリットもあります。また、両家と仲人の自宅が遠距離であれば、両家を仲人夫妻が往復しなくてはならない正式な結納は、無理なケースが多いでしょう。

略式の結納を行う場所ですが、自宅で行う場合には、一般的に女性側の自宅で行うことが多いようです。自宅での結納は格式の高い結納を行うことが出来ますが、その家の人には食事の用意などが負担となってしまいます。

その他の結納が行われる場所としては、料亭やホテル、レストラン、結婚式場、仲人宅などがあります。

結納を行う場所でそれぞれメリット・デメリットがありますが、自宅や仲人宅では当人も気を遣いますし、家人にも気を遣わせてしまいます。

そのような理由もあって、現在の結納では、式の進行までサービスしてくれるホテルや結婚式場の結納パックが人気のようです。予算が合うのであれば、準備から進行まで行ってくれる結納パックが便利ですし、仲人さんや家人の負担も少なくなります。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



結納

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
結納に関するカテゴリーです。

関連エントリー

結納とは 結納を行う時期や日取り 結納で必要なもの 結納の場所は? 結納品の購入や品目数 結納金の表書きのマナー 結納金とは 結納金の相場は? 結納返し 略式の結納 結納ではなく両家の食事会を行う