Top >  結納 >  結納金の表書きのマナー

結納金の表書きのマナー

結納金は結納品のなかのひとつで、「金包」にあたるものです。結納金を贈る水引には結びきりを使用します。結びきりを使用するのは、「二度と繰り返さない」という意味が込められているからです。

表書きには以下のような基本的なパターンがあります。

■御帯料(おんおびりょう)、御帯地料(おんおびじりょう)、小袖料(こそでりょう):男性から女性へ結納金を送る場合です。

■御袴料(おんはかまりょう)、御袴地料(おんはかまじりょう):女性から男性へ結納金を送る場合です。

■壱封(いっぷう):結納金の品目の数量で、「御袴地料 壱封」のように品目の下段に書きます。

尚、結納金以外の指輪や時計の場合の表書きは、「御指輪」「御時計」と書き記します。

蛇足ではありますが、現代で正式な結納を行っているのは、3組に1組だとといわれています。結納というしきたりも少なくはなっているわけですが、結納式は行わずにレストランなどを利用して両家の顔見せを行い、婚約指輪とともに結納金を用意するというケースが多いようです。

また、結納金ではなく、婚約記念品を交換するというケースも増えています。男性から女性に贈るのは婚約指輪というケースが多く、女性から男性にはブランド物の腕時計やカフスなどが一般的なようです。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



結納

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
結納に関するカテゴリーです。

関連エントリー

結納とは 結納を行う時期や日取り 結納で必要なもの 結納の場所は? 結納品の購入や品目数 結納金の表書きのマナー 結納金とは 結納金の相場は? 結納返し 略式の結納 結納ではなく両家の食事会を行う