Top >  結納 >  結納金とは

結納金とは

結納金は、小袖料や帯料という名目の贈り物で、結納品のなかのひとつです。

ring1.jpg

結納金は本来、嫁入りするための支度金や、嫁となって働いてもらう労力の対価として贈っていた風習が、今でも根強く残っているものです。結納金の一般的な金額は男性から女性に贈る場合で、月収の2倍程度や50万円か100万円という、きりのいい金額の場合もあります。

しかし、現在では上記のような結納金の意味は薄れて、婚約を記念したものという考え方に変ってきています。

ならわしとしての結納金は現在でも根強く残っていますが、結納金の金額を減らして婚約指輪(エンゲージリング)の金額に比重をおいたものを贈る、あるいはエンゲージリングのみを贈り、結納金の代わりにするというケースも増えています。

いずれにしろ多くの金額を贈った方が間違いないのは分かっていることではありますが、結婚後は生計をともにするわけですし、その後の結婚生活に響いてしまってはなんにもなりません。男性から贈るにしろ女性から贈るにしろ、自分の経済力の範囲で無理しない金額を贈るようにしましょう。

贈られる側も理解してくれると思いますし、結納金を贈ること自体が減少している現代に、決して無理した金額の結納金を贈る必要はありません。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



結納

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
結納に関するカテゴリーです。

関連エントリー

結納とは 結納を行う時期や日取り 結納で必要なもの 結納の場所は? 結納品の購入や品目数 結納金の表書きのマナー 結納金とは 結納金の相場は? 結納返し 略式の結納 結納ではなく両家の食事会を行う