Top >  結納 >  結納返し

結納返し

結納返しには地方で風習の差があり、半分を返す、1割を返す、腕時計などの品物で返すなど色々なパターンがあります。

一般的に関東では結納金の半分位を返す半返し、関西では結納を受け取ったという意味で1割を返す、1割返しが主流になっています。1割返しは、御多芽(おため)ともいわれています。

watch.jpg


品物で返してもらうのであれば、ブランド品の永く使える腕時計はうれしいものですし、記念品としての意味でも永く使えるものが良いのではないかと思います。(男性である筆者の個人的な意見です)

結納返しにはこれでなければ、また、現金でなければという決まりはもちろんありません。品物であれば、はやりすたりのあるものや、消耗するものでは記念品という意味を持たない事になってしまいます。

贈る側ももらう側もお互い納得出来るものを選択するのは、なかなか難しい面があるとは思います。本当に喜んでもらうためにも、どういったものがよいのか直接聞いてみるのもよい方法です。

上記以外にも、最初から半分の結納金を贈り、その旨を伝えて結納返しをあらかじめ断っておくという方法もあります。

相手に余計な気を遣わせないという意味では、結納返しをあらかじめ断っておく方法はとても賢い方法だと思います。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



結納

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
結納に関するカテゴリーです。

関連エントリー

結納とは 結納を行う時期や日取り 結納で必要なもの 結納の場所は? 結納品の購入や品目数 結納金の表書きのマナー 結納金とは 結納金の相場は? 結納返し 略式の結納 結納ではなく両家の食事会を行う