Top >  結納 >  結納ではなく両家の食事会を行う

結納ではなく両家の食事会を行う

結納といった形式にこだわらず、両家の食事会を兼ねて記念品交換式を行うという選択肢もあり、現在は結納より主流になりつつあります。両家の食事会は、結婚を約束した証として、両家が顔を合わせ会食をしながら親交を深めます。また、記念品交換式として、婚約指輪を贈呈したり婚約記念品を交換したりします。

ring.jpg

記念品交換式は、当人同士ふたりだけで行ってもよいものですし、問題もないわけですが、結納のような形として両親や兄弟姉妹、祖父母にも出席してもらい、祝っていただいた方が、当人同士の結婚の意志もいっそう固くなります。

両家の食事会を行うのは、料亭やレストラン、結婚式場、ホテルなどで、部屋や食事をパックで提供されているプランもあります。きちんとした形で行いたい方は利用する価値があると思います。どのような形で行うにしても費用がかかるわけですが、両家で折半するのが一般的です。

一般的な両家の食事会の内容ですが、まず、男性側の父親の挨拶に始まり、記念品を男性から女性へ、今度は女性から男性へと贈ります。

記念品交換が終わった後は会食に移ります。その後、両家それぞれで自己紹介や歓談を行いますが、せっかくの機会ですから、結婚式の打ち合わせなども忘れずに行うようにしましょう。

当日の服装ですが、男性はスーツで女性はワンピースというのが一般的です。ご両親など当人達以外の方にも出席していただく時には、格式のあるものを着用するようにしましょう。両家にばらつきがないよう、事前に服装の打ち合わせを行っておくようにします。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



結納

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
結納に関するカテゴリーです。

関連エントリー

結納とは 結納を行う時期や日取り 結納で必要なもの 結納の場所は? 結納品の購入や品目数 結納金の表書きのマナー 結納金とは 結納金の相場は? 結納返し 略式の結納 結納ではなく両家の食事会を行う