Top >  結婚する約束をしたら >  結婚を反対された

結婚を反対された

万一、相手のご両親に結婚(婚約)を反対されたらまずは感情的にならない事が大切です。感情的になっても、何の解決にもなりません。

nayami.jpg

相手のご両親もなにがしかの理由があって反対されているのですから、反対されている立場からすれば、なかなか難しいとは思いますが、その理由を冷静に判断するようにします。

子供の結婚というのは、ご両親にとってはとても大きなイベントなのですから、反対されてもあまり躍起になってはいけません。お互いが納得しあわないと後々の結婚生活にまでしこりが残ってしまう事になってしまいますし、反対されたまま結婚まで至ったとしても、本当の幸せとはいえなくなってしまうと思います。

理由が分かって、それでも当人同士で解決できないような内容であれば、一度、第三者の方の意見も聞いてみるのもひとつの方法です。当人達以外の客観的な意見というのは、とても参考になるものです。

第三者に相談する時は本当に信頼出来る方を選ぶようにします。出来ればカップルのどちらもが面識がある方がよいと思います。ただし、口が軽い方は間違っても選ばないようしましょう。うっかり口をすべらせてしまうような方に相談してしまうと、大変な事になってしまいかねません。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



結婚する約束をしたら

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
結婚の約束をしたあとについてのカテゴリーです。

関連エントリー

結婚を決めたら 相手のご両親へ結婚の報告(婚約) 結婚の報告時の言葉遣いに注意! 結婚する意志を報告する時の服装 結婚を反対された 仲人とは? 仲人は誰にお願いする? 仲人をお願いする 仲人へのお礼はいついくら 婚約記念品とは 婚約指輪(エンゲージリング) 婚約を披露する マリッジブルー