Top >  お見合いまでの準備 >  仲介人へのお見合いの依頼

仲介人へのお見合いの依頼

仲介人へのお見合いの依頼は、まず自分の意思を電話か手紙で伝えることから始まります。お見合いの相手を探すといえば結婚相談所などもありますが、個人にお願いするのが一般的でしょう。

telephone.jpg

その前に一度、本当に自分が結婚したいのかどうかをきちんと整理しておく必要があります。お見合いは家族などの周りの方が半ば強引に勧めることもありますが、あくまで本人の意思が重要ですから、尊重してあげるようにしましょう。

お見合いを引き受けていただけるようであれば、自己紹介状とお見合い写真を持参し、直接仲介人の方にお会いして依頼を行います。お伺いする時には手みやげも忘れないようにしましょう。

この時に大切なのは、自分の結婚への考え方や条件をしっかりと伝えて、仲介人の方へよく理解していただくことです。その条件にあったお見合いの相手を探してもらうのが最初の目的ですから、本当にここは重要なポイントになります。

例えば、自分はどんな性格で、相手に望む性格はどうか、相手へ望む学歴、結婚したらどこに住まおうとしているかなどいろいろな条件や考え方があります。

それから、女性にとっては結婚後に親と同居するかしかいかというのは大きな問題ですから、偽りなく伝えるようにしましょう。

あと、最初に伝えておかないと後々トラブルになりかねないこと(持病・子供の有無・離婚暦など)も、当然ですが必ず伝えるようにします。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



お見合いまでの準備

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、お見合いの準備編です。

関連エントリー

お見合い写真を用意する 自己紹介状を用意する 仲介人へのお見合いの依頼