Top >  お見合いのあと >  交際の意思があるときは

交際の意思があるときは

自分に交際する意思がある時は、直接相手に伝えるのではなく、あくまで仲介人を通してのお見合いなのですから、仲介人の方に交際の意思を伝えていただきます。

date1.jpg

自分の意思を伝えたあとは、相手の返事をドキドキしながら待つのみです。相手からYESの返事が先に来ていたときには、「私の方も異存はありませんので、どうぞよろしくお願いいたします」と述べるようにします。

先方の方も交際を望んでいる場合、世話人宅へお伺いして立て替えていただいているはずの、見合いの費用の清算とお礼をお渡しするようにします。

お礼の金額ですが、お見合いが成立したか否かで変わってきます。金額は1~3万円ほどですが、不成立の方が金額を多めにするのが一般的です。お礼を現金で渡すのは抵抗があるような場合には、商品券や商品でも構いません。

もし、相手から交際を断られたとしたら、断られた理由を知りたいのはやまやまだと思います。しかし、理由は言及しないようにするのがマナーです。

晴れて相手にも交際の意思があれば、その後はデートの約束など直接連絡しても構いません。仲介人の方は、2人の仲がとても気になっているはずです。折を見て過不足ない程度に経過を報告するようにしましょう。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



お見合いのあと

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、お見合いのあとの対処です。

関連エントリー

お見合いから帰宅したら 交際の意思があるときは 交際をお断りする お見合いから交際へ 家族への紹介 交際中に守るべきこと 仲介人への報告