Top >  お見合いのあと >  交際をお断りする

交際をお断りする

お見合いが終わって交際する気持ちがない場合には、速やかにお断りするようにしましょう。

atama.jpg

交際を迷っている場合は、その旨を仲介人の方へ伝えて、数日の間、返事は待ってもらうようにしますが、あまり長引かせるのはNGです。長引かせても相手に気をもたせるだけです。遅くとも1週間以内には返事をするようにします。

縁談をお断りする時は、電話でお断りするのは失礼にあたります。仲介人宅までお預かりしている写真と書類を本人が持参し、「大変残念ですが、今回のお話はなかったことにさせていただきたく存じます」と切りだし、お断りする意思と理由を述べます。

お断りの理由は仲介人の立場とお見合い相手の気持ちも考えたうえで、傷つけない表現にするように注意する必要があります。「大変にご立派な方で、私とは不釣合わないように存じます」など、相手を持ち上げる表現で差しさわりがない理由でお断りするようにしましょう。

ただし、仲介人の方も時間を割いてお見合いの段取りをとっていただいているのですから、あまり理由にならない理由というのも失礼です。相手が傷つかないような理由であれば正直に話をします。そうすれば、仲介人が相手方へ交際の意思がないことを伝える時の参考にもなります。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



お見合いのあと

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、お見合いのあとの対処です。

関連エントリー

お見合いから帰宅したら 交際の意思があるときは 交際をお断りする お見合いから交際へ 家族への紹介 交際中に守るべきこと 仲介人への報告