Top >  お見合いの基礎知識 >  仲介人の決め方

仲介人の決め方

お見合いをするにあたって、まずは仲介人になっていただく方を決めなければなりません。

ojisan.jpg

仲介人になっていただくにあたり、自分が信頼できる方というのが、もちろん大前提となります。

では、どういった方に依頼するのがよいのでしょう。一般的には、親戚・両親のお知り合い・会社の上司などが考えられます。信頼できる方であれば、上記の方々には限りません。

ここで大切なのは、交友関係が広い方がポイントとなります。別のいい方をすれば、顔が広い方ということです。あちこちにお知り合いが多く交友関係が広い方であれば、それだけ自分にあった相手を探してもらえるということにつながります。

でも、いくら顔が広い人であってもこんな方には仲介人を頼まないで書いているような方には間違ってもお願いしないようにしましょう。

信頼がおけて交友関係が広い方でも、あまりに地位が高くて自分の意見はとてもいえない方では困ったことになる可能性があります。ある程度打ち解けて話が出来る方が仲介人選びのポイントになります。

また、複数の方に縁談の依頼をする場合もなきにしもあらずだと思いますが、あらかじめその旨を伝えておかないといけませんし、黙っていたのではマナー違反です。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



お見合いの基礎知識

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、お見合いの基礎知識です。

関連エントリー

お見合いとは? なぜ見合い結婚をするのか? お見合いをする理由 お見合いはいい加減な気持ちでしない! 仲介人の決め方 こんな方には仲介人を頼まない お見合いを依頼する時の注意点