Top >  いざお見合い >  お見合いには誰が出席する?

お見合いには誰が出席する?

同士以外でお見合いに出席する人には、いくつかのパターンがあります。古風な考え方だと、本人同士および仲介人、それから両家からの付き添いの組み合わせでお見合いに出席します。

gum08_ph11026-s.jpg

付き添いがいなくたったパターン、仲介人とお見合いをする当人同士、もうひとつのパターンとして、当人同士のみでお見合いという場合もあります。

お見合いをするのは当人同士ですので、それだけでもこと足りるわけですが、初対面ですので、仲介人の方も一緒にお見合いに出席していただいた方が、スムーズにお見合いが行えます。

例えば、お開きのタイミングひとつにしても、仲介人がいなくては、本人同士ではお互いを気遣ってなかなかいい出しにくいはずです。

とはいえ、お見合いをスムーズに進行できる自信があるのであれば、本人同士だけで行った方がよいと思います。お見合いをするのはあくまで当人同士ですから、仲介人や付き添いがない方が、より打ち解けた会話も出来ると思いますし、筆者の個人的な意見としては、一番よいお見合いの形だと思います。

どうしても親も一緒にお見合いにというのであれば、お互いに片方の親、男性側には母親に付いてもらい、女性側には父親に付いてもらうと同姓から見たお見合い相手がどうなのかという判断ができます。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



いざお見合い

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、お見合いの中身編です。

関連エントリー

お見合いの段取りをする お見合いの場所選び お見合いには誰が出席する? お見合いの服装 お見合いの流れ お見合いの席での注意点 お見合いの費用とお礼