Top >  お見合いの基礎知識 >  お見合いを依頼する時の注意点

お見合いを依頼する時の注意点

お見合いの依頼を行う時は、後々トラブルにならないよう、自分の考えや結婚の条件を明確に仲介人へ伝える必要があります。

kangae.jpg

しっかりとした自分の考え方を仲介人の方に伝えることにより、仲介人の方に本気で結婚したいという意思が伝わりますし、お見合いの相手を探す・仲介をする事にもきっと熱心になっていただけるはずです。

依頼人が熱心であれば、それだけ仲介人としてやりがいがあるというものです。

「結婚したら親と同居したい」「結婚後も仕事を続けたい」など、自分の結婚に対する条件や考え方などを事前に明確にしておかないと、せっかく見合いが成立し交際まで至ったとしても、そんなはずじゃなかったなどということになりかねませんし、ともすれば破談になってしまうかもしれません。

自分の考えをはっきりと伝えるとはいっても、昔いわれていた三高(さんこう、さんだか)、「高学歴」、「高収入」、「高身長」でなければならないなどということは条件としていうべきではありません。

お見合いを依頼する時から自分の意思をはっきりと伝える事で、自分にあった相手を真剣に探してもらえます。なによりお見合いは、自分の理想となる結婚相手を探すのが本来の目的であり、そのための出会いのきっかけを作るイベントなのですから。

※ 1年でお医者さんと結婚するテクニック

4年間で200人ものドクター夫人を生んだ秘訣!あなたは1年以内にお医者さんとの結婚が約束されます。万一ドクターと結婚できなければ返金してもらえますので、購入者にに残るのはメリットのみです。



お見合いの基礎知識

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
このカテゴリーは、お見合いの基礎知識です。

関連エントリー

お見合いとは? なぜ見合い結婚をするのか? お見合いをする理由 お見合いはいい加減な気持ちでしない! 仲介人の決め方 こんな方には仲介人を頼まない お見合いを依頼する時の注意点