Top >  結納

結納

見合い結婚は最近ではだんだんと少なくなっていますが、出会いが少ないなど、結婚したくても恋愛に発展しない方もいらっしゃいます。
見合い結婚で幸せをゲットした管理人が、そんな貴方を見合いから幸せな結婚生活へといざないます。
結納に関するカテゴリーです。

結納一覧

lime.jpg

結納とは

結納とは、結婚するというふたりの意思や約束をより強固にするために行う、しきたりであり儀式です。ですので、結納は必ず行わなければいけないものでもありませんし、結婚届のように法律で決まっているものでもあり...

結納を行う時期や日取り

結納を行う時期は、挙式予定の半年前から遅くとも3か月前までには行うようにします。しかし、現代は3割~4割はできちゃった結婚です。そうなると挙式の半年前に結納を行うというのは無理がある場合があります。 ...

結納で必要なもの

結納で結納品が必要なのは当然ですが、結納品の他にも必要なものがあります。必要なものには・・・ ■結納品の内容、品目や数量を記した「目録」 ■結納品を受け取った証明となる「受書」 「目録」も「受書」も昔...

結納の場所は?

結納は、仲人が両家を行き来するのが本来の形式であり正式な結納なのですが、現在行われる結納は略式の結納である、両家が一堂に会して行う「集合型」のスタイルが主流となっています。 略式の結納には、仲人夫妻の...

結納品の購入や品目数

結納品は、結婚式場や、専門店、百貨店などで購入出来ます。結婚に関する行事には地方によってしきたりが違います。結納に関しても、地方によって違ったしきたりがあり、品目数が変わったり、縁起物の呼び名が違った...

結納金の表書きのマナー

結納金は結納品のなかのひとつで、「金包」にあたるものです。結納金を贈る水引には結びきりを使用します。結びきりを使用するのは、「二度と繰り返さない」という意味が込められているからです。 表書きには以下の...

結納金とは

結納金は、小袖料や帯料という名目の贈り物で、結納品のなかのひとつです。 結納金は本来、嫁入りするための支度金や、嫁となって働いてもらう労力の対価として贈っていた風習が、今でも根強く残っているものです。...

結納金の相場は?

結納金を贈らずエンゲージリングを贈るケースも増えていますが、結納金を送る場合の金額はいくら位なのでしょう? 金額にはもちろん決まりはありませんが、一般的に給料の3ヶ月分といわれています。50万円~10...

結納返し

結納返しには地方で風習の差があり、半分を返す、1割を返す、腕時計などの品物で返すなど色々なパターンがあります。 一般的に関東では結納金の半分位を返す半返し、関西では結納を受け取ったという意味で1割を返...

略式の結納

現在の結納は、両家が一同に集まり行う形式が一番ポピュラーな形式になっていますが、仲人が双方の家を訪問して結納品を運ぶのが、本当の結納の形です。 上記した両家が一同に集まって行う結納を、略式結納と呼びま...

結納ではなく両家の食事会を行う

結納といった形式にこだわらず、両家の食事会を兼ねて記念品交換式を行うという選択肢もあり、現在は結納より主流になりつつあります。両家の食事会は、結婚を約束した証として、両家が顔を合わせ会食をしながら親交...